児童がダムカレー作り さつま・佐志小

(2019/05/25 22:00)
ダムカレーのルーをつぐ児童=さつま町の佐志小学校
 さつま町の佐志小学校の6年生11人が22日、調理実習で「鶴田ダムカレー」作りに挑戦した。町の名所を模したご当地メニューを、目と舌で楽しんだ。
 さつま版「ダムカレー」は、町内の飲食店十数店が昨秋から提供中。鶴田ダム管理所が監修した共通の型枠を使いご飯で堤体を、ルーで湖を表す。
 6年生は総合学習で町のPRにも取り組んでおり、担任の橋野一真教諭(29)がその一環としてダムカレー作りを企画。ご飯型枠は提供店から借りた。
(記事全文は26日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)