護衛艦「かが」特別公開 学生ら60人見学

(2019/06/02 06:30)
滑走路にも見える全長248メートル、最大幅38メートルの平らな甲板=護衛艦「かが」船上
 鹿児島湾に停泊中の海上自衛隊の護衛艦「かが」(1万9950トン)で1日、自衛官志望の学生や報道陣を対象にした特別公開があった。約60人が参加。事実上の空母への改修が決まっている「かが」の広い甲板や格納庫などを見学した。
 全長248メートル、最大幅38メートルのヘリコプター搭載型護衛艦。最大14機を搭載し、5機同時離発着ができる。これまで西日本豪雨災害派遣やインド太平洋方面での訓練などに参加。5月28日には日米両首脳が乗艦した。
(記事全文は2日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)