梅雨晴れ、鹿児島市では田植え 6月6日「芒種」

(2019/06/06 13:00)
梅雨の晴れ間に田植えをする農家=鹿児島市西佐多町
 6日は二十四節気の一つ「芒種(ぼうしゅ)」。稲や麦の種子をまく時期とされる。鹿児島県内は5日、梅雨の晴れ間が広がった。鹿児島市北部では、農家らが田植えに追われていた。
 鹿児島地方気象台によると、県本土と種子・屋久地方が晴れるのは6日まで。7、8日は大雨になる恐れがある。
(記事全文は6日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)