正しい情報基にがんと共存を 医療映画上映会で監督ら訴え 鹿児島市

(2019/06/08 22:00)
映画への思いやがん治療の実態について話す三宅流監督(左)と上野真一さん=鹿児島市のガーデンズシネマ
 ドキュメンタリー映画「がんになる前に知っておくこと」の上映会が8日、鹿児島市のガーデンズシネマであり、三宅流(ながる)監督と鹿児島大学病院の上野真一腫瘍センター長が登壇し、がん治療の実態などについて語った。
 上映後、三宅監督は「今は『がんと共存』する時代。人生の生きがいをしっかりと把握し、正しい情報を基に後悔の無い選択をしてほしい」と訴えた。
 14日まで。同館=099(222)8746
(記事全文は9日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)