世代交流ランチ 学校舞台に再出発 南九州市頴娃・別府小

(2019/06/11 22:00)
別府小学校で初めて開かれた「そよ風ランチ」=南九州市頴娃町別府
 土曜登校に合わせ地域の世代間交流を目指す南九州市頴娃町別府の「そよ風ランチ」が8日、公民館から別府小学校に場所を移して再出発した。
 岡村・南組の2自治会、社会福祉法人のそてつ会と更生会、地元小中学校が協力し、2017年10月にスタート。毎月第2土曜日に、土曜授業帰りの子どもと地域の高齢者らが交流する地域食堂として開かれてきた。
 公民館の利用に衛生上の懸念があるため同小に利用を打診し、学校側が快諾した。
(記事全文は12日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)