くも合戦継承に一役 記念大会で生演奏 加治木工業高校吹奏楽部

(2019/06/12 22:00)
加治木くも合戦での演奏に向けて、張り切る加治木工業高校吹奏楽部=姶良市の同校
 16日に姶良市で開かれる伝統行事「加治木くも合戦」(保存会主催)の開会式で、加治木工業高校吹奏楽部が生演奏を披露する。今年は、大会の由来に関わるとされる島津義弘没後400年に当たり、保存活動が日本ユネスコ協会連盟の「プロジェクト未来遺産2018」に登録されて初めての開催となる。記念の大会を元気いっぱいの演奏で盛り上げようと、部員24人が練習に励んでいる。
 くも合戦は400年以上の歴史がある国の無形民俗文化財。約300匹のコガネグモが出場し、棒上で戦う。加治木福祉センターであり、午前9時半ごろから合戦の部。ここで3勝したクモが午後1時半からの王将戦に臨み、トーナメントで王者を決める。入場無料。抽選会もある。駐車場は加治木総合支所。加治木地域振興課=0995(62)2111
(記事全文は13日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)