五穀豊穣祈り 「お田植祭」 薩摩川内・新田神社

(2019/06/13 06:30)
丁寧に稲を植える早乙女と早男=薩摩川内市の新田神社御神田
 薩摩川内市の新田神社で9日、五穀豊穣(ほうじょう)を願う伝統行事「お田植祭」があった。地域住民らが稲の苗を植え、700年の歴史があるとされる「奴(やっこ)振り」を奉納し、豊作を祈った。
 神田には、近くの幼稚園と保育園の園児ら約80人が行列になり、清められた苗を運んだ。その後、園児4人と、留学生や地元住民ら約20人が、白装束や鮮やかなはかまを身に着け、早男(さおとこ)、早乙女を務め、丁寧に稲を植えた。
(記事全文は13日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)