一流料理人、地元食材を多彩に変身 大崎

(2019/06/14 22:00)
農園の直販店で素材を吟味する花輪剛さん(中央)=11日、大崎町
 一流料理人を招き、生産者と交流しながら選んだ食材を調理してもらう「大崎シェフツアー」が10~12日、大崎町であった。食のブランド化を進める同町の初の取り組み。最終日には、連携する東串良町で、完成した料理を振る舞うイベントがあり、参加者は地元食材をふんだんに使ったメニューを堪能した。
 招いたのは山梨県南アルプス市の花輪剛さん(42)。26歳のとき東京・吉祥寺で無国籍料理店「Hun Lahun(フンラフン)」を開店。その後、ベーカリーカフェも開き、現在はフリーの料理人として幅広い分野で活動している。
(記事全文は15日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)