屋久島ガイドら気象や装備、安全対策確認 

(2019/06/20 20:00)
気象講習に聞き入るガイドたち=屋久島町の安房公民館
 屋久島観光協会ガイド部会の安全大会が18日、屋久島町の安房公民館であった。5月の豪雨災害を振り返る気象講習や、個人装備の確認など、ガイドの安全対策について意見交換し、情報を共有した。
 気象講習は、鹿児島地方気象台の山下一実統括予報官が、当時のアメダス降水量データや風の状況、気象レーダー画像などを時系列で紹介。警報級の可能性を示す「早期注意情報」の重要性を解説し、「ガイドのみなさんにはパソコンやスマホで一番新しい情報を常に入手するよう心掛けてほしい」と話した。
(記事全文は21日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)