まるで小都市 最大級クルーズ船寄港 鹿児島市

(2019/06/25 13:00)
マリンポートかごしまに初寄港したスペクトラム・オブ・ザ・シーズ=鹿児島市
 米ロイヤル・カリビアン社のクルーズ船「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」が24日、鹿児島市のマリンポートかごしまに初寄港した。総トン数16万8000トンと、これまで県内に入った船で最大級。港に多くの見物客が訪れ、船内で歓迎セレモニーがあった。
 スペクトラムは全長347メートル。18のレストランやカジノのほか、子ども向けエリアもある。360度景色が楽しめる透明の展望カプセルも設ける。今回は中国人を中心に乗客約5000人、乗員約1500人。港に降り立った乗客らは約100台のバスや徒歩で観光や買い物に向かった。同日夕方に出港した。
 スペクトラムは7月4日にも寄港する予定。
(記事全文は25日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)