核兵器の廃絶訴え平和行進  鹿児島市を出発

(2019/06/26 06:30)
核兵器廃絶を訴え、鹿児島市役所前を出発する平和行進参加者ら=鹿児島市名山町
 核兵器のない世界を目指して全国を巡る「原水爆禁止国民平和大行進」が25日、鹿児島県本土をスタートした。鹿児島市では市民団体関係者約80人が、横断幕やのぼり旗を手に廃絶を訴えて歩いた。
 8月に原水爆禁止世界大会がある広島、長崎に向けた11コースのリレーの一環。沖縄を出発し、徳之島や奄美大島を経て本土入りした。
 7月10日まで県内を回り、各自治体に核兵器全面禁止・廃絶の推進を要請。熊本へつなぐ。
(記事全文は26日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)