ごみリサイクル 大崎、志布志に海外視察続々

(2019/07/05 13:00)
そおリサイクルセンターを視察するミクロネシアからの訪問団メンバーら=大崎町
 ごみのリサイクルに力を入れる大崎町や志布志市に、海外から視察が相次いでいる。インドネシア、ミクロネシア、シンガポールから行政、企業関係者らが訪問。ごみの減量化や資源化について研修したり、施設を見学したりして先進地の取り組みを学んだ。
 大崎町は2017年度、全国の自治体別の一般廃棄物リサイクル率が82%で12年連続日本一を達成。志布志市は4位の74%で、市では12年連続全国1位となっている。
(記事全文は5日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)