児童クラブ 夏休み控え人手不足深刻 鹿児島市、25%が求人中

(2019/07/06 06:30)
子どもたちに宿題をするよう呼び掛ける児童クラブ職員=鹿児島市中山2丁目の中山第2児童クラブ
 鹿児島市の児童クラブが、人手不足に悩んでいる。全163クラブの約25%の39クラブが、市のホームページで職員を求人中(6月24日現在)。求人をしていないクラブでも「余裕がない」との声が聞かれる。市の基準は満たして運営しているものの、預かり時間が増える夏休みも近づき、現場は人繰りに苦慮している。
 現在募集しているのは、児童の保育や生活指導に当たる放課後児童支援員と、業務をサポートする補助員で、各クラブ1~2人。勤務時間はおおむね平日が午後2~6時、長期休暇中などは午前8時~午後6時で、地元住民でつくる各クラブの運営委員会などが雇う。時給は市内一律で支援員930円、補助員808円。
(記事全文は6日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)