デジタル技術で後世へ 解体の旧都城市民会館

(2019/07/07 20:00)
3次元レーザースキャナーによる旧都城市民会館の計測=都城市八幡町
 解体が決まっている旧都城市民会館(都城市八幡町)で2、3日、建築家や大学准教授らで構成する会社「gluon(グルーオン)」(東京)が中心となり、建物内外の計測作業を行った。3次元レーザースキャナー、ドローンなどで計5000枚以上を撮影し、デジタルデータを記録。測定した3次元点群データを基に、仮想現実(VR)の動画などを制作し、ウェブサイトで公開する。
 同館は、1960年代に展開した建築運動「メタボリズム」を代表する建物で故・菊竹清訓氏が設計。「名建築の価値を後世に継承したい」と考えた同社が市に協力を求めた。ネットで資金を募る「クラウドファンディング」で目標額50万円を2日間で達成し、現在は約110万円が集まっている。同社共同代表で建築家の豊田啓介さん(47)は「支援者が多いのは、建物への関心が高いということ。解体されるのは残念だが、デジタルの世界で永遠の命を得ると考えてほしい」と話した。
(記事全文は8日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)