「プールの歌」60年 親から孫3代で愛唱も さつま・山崎小

(2019/07/08 22:00)
校内水泳大会を前に「プールの歌」を元気に歌う2年生=さつま町の山崎小学校
 さつま町の山崎小学校(62人)には、オリジナルの「プールの歌」がある。完成記念で誕生して60年、プール開きに披露する伝統だ。3代で歌える家族もおり、地域を挙げて造った喜びを伝える。
 プールは1959(昭和34)年10月完成した。建設には歌詞<くり石 玉石 手渡しだ>の通り、児童たちも加勢。近くを流れる久富木川の河原から、石を抱えて運んだという。プール槽は後に改修されたが、外周の石垣は一部残っている。
(記事全文は9日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)