小杉谷への思い表現 劇団「THE屋久座」宮之浦で公演

(2019/07/10 06:30)
芝居を演じる劇団「THE屋久座」のメンバーたち=屋久島町宮之浦の離島開発総合センター
 屋久島の住民と島出身の役者でつくる劇団「THE屋久座」の第2回公演「ミンナノウタ~小杉谷三十年目の約束~」が5~7日、屋久島町宮之浦の離島開発総合センターであった。町民や観光客ら約800人は、島の歴史をベースにした手づくり感あふれる創作劇を楽しんだ。
 安房川上流に位置し屋久杉伐採の前線基地として栄え、1970年に住民がいなくなった小杉谷集落。芝居は、出身者が懐かしい集落跡を訪ねたイベント「行こうよ、小杉谷ピクニック」(2000年)を再現した。集落で生活していた幅広い世代の思いや心の葛藤を情感豊かに表現した。
(記事全文は10日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)