加治木工高生が電子灯籠製作 六月灯で披露 姶良・精矛神社

(2019/07/19 06:30)
製作した電子灯籠を囲む生徒ら=姶良市の加治木工業高校
 島津義弘の没後400年を記念し、姶良市の加治木工業高校生が電子灯籠を製作した。発光ダイオード(LED)1000個をちりばめた大型と、前面にディスプレーをはめ込み、音楽と映像が流れる小型の2個。義弘を祭る精矛(くわしほこ)神社の六月灯で20日に展示し、節目の年を盛り上げる。
 部長で電子科3年の川畑英留さんは「LEDの数、明るさがポイント。輝く仕組みを知りたくなったら、電子科に入って勉強しよう」と呼び掛けた。六月灯は午後6時半からで雨天中止。
(記事全文は19日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)