優美な音色で開幕彩る 鹿児島県庁でロビーコンサート 霧島国際音楽祭

(2019/07/18 22:00)
霧島国際音楽祭の幕開けを告げる県民ふれあいコンサート=県庁
 1980年に始まり今年で第40回を迎える霧島国際音楽祭(鹿児島県など主催)が18日、開幕した。8月4日までの約3週間にわたり、県内各地でコンサートや講習会が開かれる。
 初日は鹿児島市の県庁2階ロビーで「県民ふれあいコンサートin鹿児島県庁」が開かれ、チェリストの笹沼樹さんとピアニストの上之段祐佳さんが出演した。笹沼さんは「節目を迎える音楽祭がここから始まるというのは非常に感慨深い。楽しんでいきましょう」とあいさつ。エルガーの「愛の挨拶」などクラシックから民謡まで幅広いジャンルの8曲を演奏した。優美な音色に、詰めかけた400人余りは大きな拍手を送った。
(記事全文は19日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)