参院選投開票 正確・迅速に 鹿児島県内選管 準備大詰め

(2019/07/20 06:30)
投票所へ向け投票箱を運び出す市職員=鹿児島市役所
 参院選の投開票が2日後に迫った19日、鹿児島県内の選挙管理委員会は会場設営など本番に向けて準備を進めた。選挙事務は「正確・迅速」が第一とあって、有権者が最も多く、4月の県議選でトラブルが起きた鹿児島市選管はとりわけ気を引き締める。
 県議選で鹿児島市は投票された票が投票者の数を10上回った。原因は特定できず、そのまま開票結果が確定、終了時刻は予定より50分遅れた。市選管は、市外の有権者が投票せずに持ち帰った用紙で投票したか、もしくは開票所の集計ミスが考えられるとしている。
(記事全文は20日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)