霧島音楽祭でCGとクラシック演奏コラボ 湧水・アートの森

(2019/07/21 13:00)
色鮮やかなCGと演奏のコラボを楽しむ来場者=湧水町の霧島アートの森
 霧島国際音楽祭(鹿児島県など主催)の「アートと音楽の美しき出会い」が20日、湧水町の霧島アートの森であり、同館の河口洋一郎館長が生物の知性をヒントに制作したCGとクラシック音楽の“融合”を初披露した。
 バイオリニスト篠原悠那さんらが映像に合わせて選曲したバッハ「無伴奏バイオリン・ソナタ第2番よりグラーヴェ」などを演奏。宇宙や未来を想像させる映像と、表情豊かな調べが会場をとりこにした。
(記事全文は21日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)