ケヤキ大木にツリーハウス 坂之上の内大久保さん 「冒険心育んで」

(2019/07/21 22:00)
ケヤキの木のツリーハウス=鹿児島市坂之上6丁目
 鹿児島市坂之上6丁目の建設会社社長、内大久保清志さん(68)が、敷地内に子どもの頃の夢だったツリーハウスを完成させた。45年前に盆栽にしようと挿し木から育てた、高さ15メートルのケヤキを活用した。近くに公園がない子どもたちの絶好の遊び場になっている。
 「畳1枚分くらいなら、もう1階は造れそう」と内大久保さん。「つまようじのような挿し木からよく育った。子どもたち同士で仲良く遊び、冒険心を育んでもらえたら」と見守っている。
(記事全文は22日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)