枕崎国際芸術賞展が開幕

(2019/07/22 06:30)
個性あふれる作品を鑑賞する来場者=枕崎市山手町の南溟館
 第2回枕崎国際芸術賞展(枕崎市など主催)が21日、同市の南溟館で始まった。国内外からの応募945点から選ばれた、平面・立体の入賞入選作78点が並ぶ。
 審査員の日本画家、千住博さん(61)の講演会もあり、「(上位作品は)混沌や切実さ、生命を感じさせ大変見事」と評した。同展は9月16日まで。
(記事全文は22日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)