奄美のカエル 写真絵本に 相模原市のカメラマン

(2019/07/28 20:00)
写真絵本を出版した松橋利光さん=大和村
 相模原市在住のカメラマン・松橋利光さん(49)が、オットンガエルやアマミイシカワガエルといった奄美固有のカエルを4年間かけて撮りためた写真絵本を出版した。「図鑑とはひと味違う、カエルのコミカルな一面を伝えたい」と話す。
 タイトルは「奄美の生きもの調査 奄美の森でカエルがないた」(アリス館)。写真と文章を松橋さん、解説を環境省奄美野生生物保護センターの元アクティブレンジャー、木元侑菜さん(28)=奄美市名瀬=が担当した。フルカラー全40ページ。
(記事全文は29日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)