神村初戦突破「天国で祝杯を」田中大選手の親族、祖父の遺影と観戦

(2019/08/07 06:30)
祖父・幸山佳津也さんの遺影と一緒に勝利を喜ぶ田中大陸選手の親族ら=兵庫県西宮市の甲子園球場
 第101回全国高校野球選手権大会が開幕した6日、神村学園は佐賀北に7-2で快勝した。赤いシャツの応援団で埋め尽くされたスタンドには、田中大陸(りく)選手=伊仙町出身=の親族と、祖父幸山佳津也さんの遺影が。「天国で祝杯を挙げているはず」。夢の舞台で2打点を挙げた自慢の孫の活躍を見守った。
 田中選手は甲子園出場という夢を追い、家族の反対を押し切って県内外の有力選手が集まる神村に進学した。徳之島を旅立った昨春、祖父宛てに手紙を書いた。「絶対に甲子園に行くからみんなで見に来てね」
(記事全文は7日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

(結果詳細は南日本新聞でご覧になれます)

373高校野球