荘厳な拝殿にオペラの響き 隼人・鹿児島神宮で七夕コンサート

(2019/08/08 23:00)
拝殿に歌声とピアノの音を響かせる出演者=霧島市の鹿児島神宮
 旧暦七夕の7日夜、霧島市隼人の鹿児島神宮で「七夕まつり」があり、拝殿をステージに見立てた天の川コンサートに住民らが聞き入った。
 約1時間のコンサートはピアニスト入来慶子さん、バイオリニスト中堂園都乃さんが出演。ゲストで登場した声楽家小城龍征さん(43)は、プッチーニの歌劇「トスカ」から「星は光りぬ」などを懐深い声量で歌い上げた。
(記事全文は9日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)