児童が店経営、売り上げ競う 鹿児島市で商人選手権

(2019/08/09 13:00)
かき氷を販売する小学生=鹿児島市宇宿3丁目の脇田公園
 仕入れから販売まで店の経営を体験する「宇宿商人チャレンジ選手権」が3日、鹿児島市宇宿3丁目の脇田公園であった。地元の宇宿小学校5、6年生4組13人が出場し、冷凍フルーツや射的ゲームで利益を競った。
 経営の楽しさや苦労を体験してもらおうと、宇宿商店街振興組合が主催。児童自ら営業種目を決め、販売計画を立てて、組合が用意した予算や販促材料で店作りをした。
(記事全文は9日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)