宇宙センターで13日「スターウォーズ」上映 種子島

(2019/08/10 20:10)
宇宙映画祭について話し合う実行委員=南種子町中之上の町研修センター
 南種子町の宇宙航空研究開発機構(JAXA)種子島宇宙センターで13日夜、「宇宙に一番近い映画祭」と銘打った野外上映会が開かれる。移住者らが中心になった実行委員会が、島の交流人口増や、映画館のない島の住民に映画のだいご味を提供するのを目的に、初めて企画した。入場無料。
 宇宙科学技術館近くの芝生広場に縦5.5メートル、横10メートルの大型スクリーンを設置。日没後の午後7時20分ごろから「スター・ウォーズ 新たなる希望」を上映する。劇中に登場するライトセーバーを作る子どもワークショップ(午後4時半~6時半、50人限定で参加費300円)やヨガ教室(午後5時~6時、無料)などもある。
 雨天時は中種子町野間の種子島こりーなに会場を移して午後1時開場する。内野さん=090(8228)4291
(記事全文は11日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)