鉄の彫刻に熱中 霧島・青木野枝展

(2019/08/11 00:40)
できあがった作品の品評会をする青木野枝さん(右)と子どもたち=湧水町の霧島アートの森
 霧島アートの森(湧水町)で開催中の「青木野枝『霧と山』展」で10日、子どもたちが鉄の彫刻制作を体験するワークショップがあった。溶断、溶接を青木さんが直接指導、参加した9人の子どもたちは作品づくりに熱中していた。
 青木さんは切った鉄を溶接し、その土地で感じた思いを作品にのせ、場に応じて制作する彫刻家。鉄に親しみをもってもらおうと、ワークショップを開いている。
(記事全文は11日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)