古里の歌できた 平川小児童らが作詞 夏祭りで披露

(2019/08/12 13:00)
「ビワの実が育つように」を歌う平川小学校5年生と野田かつひこさん=鹿児島市の同校
 鹿児島市の平川小学校5年生10人が4日、自分たちが作った「ビワの実が育つように」を作曲者のシンガー・ソングライター野田かつひこさん(53)=福岡県久留米市=と校区夏祭りで披露した。昨年、文化庁の芸術家派遣事業で野田さんと仕上げたオリジナル曲。ステージでの共演は初めてで、地域住民から大きな拍手を受けた。
 児童は昨年9~11月、「半成人式で歌う曲をつくろう」と野田さんと作詞に挑戦した。まず、野田さんと校区を歩いて地元の魅力を確認。歌詞に入れたい言葉や風景をカードに書き出していった。
(記事全文は12日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)