さつま町の旧鶴田中、一日限りの復活 卒業生ら150人 名残惜しむ

(2019/08/14 20:00)
音楽室で校歌などを歌う旧鶴田中学校出身者たち=さつま町
 学校再編のため3月に閉校したさつま町の旧鶴田中学校で10日、授業や部活動を再現する「オープンスクール」があった。現役の中学生から親世代の卒業生まで約150人が駆けつけ、一日限りの母校復活を祝った。
 勤務していた教員らが、職場同窓会の拡大版として企画。チャイムを合図に、数学や理科、体育など校舎の内外でミニ授業をした。
(記事全文は15日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)