小中学生ら模擬刑事裁判に挑戦 鹿児島地裁

(2019/08/15 06:30)
放火事件の審理に挑戦した「ジュニア裁判員裁判」=鹿児島地裁
 被告は有罪か無罪か-。刑事裁判の手続きを学ぶ「夏休みジュニア裁判員裁判」が8日、鹿児島市の鹿児島地裁であった。小学6年から中学3年の29人は、裁判官、弁護士、検察官の3グループに分かれ、架空の放火事件の審理に挑戦した。
 男がアパートの一室に侵入して火を付けたとの想定。白熱した論戦を繰り広げた。
(記事全文は15日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)