徳之島・亀津小の豊田君、わんぱく相撲5年生の部で横綱に

(2019/08/15 23:00)
わんぱく相撲全国大会団体戦3位の奄美大島代表(前列)。中央が、5年生の部優勝の豊田倫之亮君=墨田区総合体育館
 第35回わんぱく相撲全国大会(4日、東京都墨田区総合体育館)5年生の部で、徳之島町・亀津小の豊田倫之亮君が優勝し、横綱となった。6年生の部では山下正清君(出水市・高尾野小)が準優勝、団体戦で奄美大島代表(豊田君、俵幸平君=大勝小6年、早瀬駿太君=古仁屋小4年)が3位と、県勢が活躍を見せた。
 大会は全国の予選を勝ち抜いた4~6年生の代表330人が出場。個人戦と団体戦があり、トーナメント形式で優勝を争った。
(記事全文は16日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)