身近な自然に親しんで 住民が「愛する会」結成 曽於・大隅北

(2019/08/16 13:00)
川原勝征さん(左端)と一緒に植物を観察する参加者=曽於市大隅
 大隅北校区(曽於市)の住民有志が、身近な自然に親しむボランティア団体「花と樹木を愛する会」を立ち上げた。校区内の植物に付ける名札(標柱)を準備したり、端材を使ったおもちゃを作ったりして活動。3日には、初めての一般向けイベント「植物観察会」を開いた。
 植物観察会には、会員や大隅北小児童、保護者ら約40人が参加。植物に詳しい元中学教諭の川原勝征さん(75)=姶良市=と一緒に学校周辺を巡り、草木の種類を見分ける方法や名前の由来などを学んだ。
(記事全文は16日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)