厳かに祖霊と踊る西之本国寺盆踊り 南種子町

(2019/08/21 22:00)
ゆるやかな所作の盆踊りを披露する小田・前之原集落の男衆=南種子町の西之本国寺
 南種子町西之の西之本国寺で16日、国の選択民俗無形文化財になっている古式ゆかしい盆踊りが披露された。顔を隠した浴衣がけの男衆が、太鼓の音に合わせ古謡を歌い、厳かに舞った。
 盆踊りは祖霊である「精霊(しょうりょう)様」を供養する。精霊様に人間と気取られぬよう「カンモク」と呼ばれる布面を着けて踊るのが特徴で、日本の古い精霊送りの姿をとどめているとされる。
(記事全文は22日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)