小学生が天吹に挑戦 月1回、児童クラブで練習 日置・吹上

(2019/08/24 22:00)
天吹を懸命に練習する子どもたち=日置市吹上町永吉の村長の家児童クラブ
 日置市吹上町永吉の村長の家児童クラブ(定員20人)に通う小学生たちが、伝統の竹製縦笛「天吹(てんぷく)」の演奏に挑戦している。月1回の練習を始めて8月で約半年。少しずつ音を出せるようになってきた。
 クラブに隣接する高齢者グループホームで慰問演奏を続ける天吹講師生駒綱雄さん(73)=鹿児島市=が、子どもたちにも親しんでほしいと、2月、手製の天吹約20本を贈ったのがきっかけ。生駒さんが月1回のペースでクラブを訪れ、練習を見守っている。
(記事全文は25日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)