16年ぶりに「子供議会」斬新意見に市長も感心 薩摩川内

(2019/08/25 20:00)
実際の議場で市政への提言を発表する中学生=薩摩川内市
 薩摩川内市の市議会議場で23日、16年ぶりの「子供議会」が開かれた。旧川内市では2003年まで子供議会があったが、合併後は初めて。市内の全公立中学校13校の生徒会役員39人が、市長や教育長らを前に、市政への提言を堂々と述べた。
 市教育委員会と川内青年会議所の共催。生徒らは学校ごとに6班に分かれ、5月から準備を進めてきた。前日は市少年自然の家で提言の練り上げや練習をして本番に臨んだ。
(記事全文は26日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)