鹿児島ロケット打ち上げ、目標届かず 肝付

(2019/09/13 23:50)
上昇する鹿児島ロケット初号機=13日午後2時15分、肝付町内之浦の辺塚海岸
 鹿児島大学や第一工業大学、県内企業などでつくる「鹿児島ハイブリッドロケット研究会」は13日、肝付町の辺塚海岸から、小型ロケット「鹿児島ロケット」初号機を打ち上げた。ロケットは目標の高度400メートルに届かず20メートルほど上昇し海に落下した。研究会は回収した機体を調べ、飛行データなどを分析する。
 機体は高度約20メートルまで上昇後、姿勢を崩し、横倒しになった状態で海に突っ込んだ。飛行時間は約5秒。装てんしていたパラシュートは開かなかった。片野田洋代表(49)=鹿大大学院教授=は「推力が思ったほど出なかった。原因を究明し、今後の開発に生かしたい」と話した。
(記事全文は14日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)