異文化体験意義を再考 いちき串木野・薩摩藩英国留学生記念館

(2019/09/16 20:15)
異文化体験の意義を語り合うパネリストら=いちき串木野市の薩摩藩英国留学生記念館
 いちき串木野市羽島の薩摩藩英国留学生記念館で14日、開館5周年記念イベントがあった。同館と海外2カ所をインターネットで結んだ討論会「今、旅に出よう 外を見よう」もあり、薩摩藩留学生の歴史を踏まえながら、異文化に触れる大切さをいま一度考えた。
 討論はフリーアナウンサーの住吉美紀さんを進行役に、観光関係者や教育関係者、高校生、海外出身者らがパネリストを務めた。米カリフォルニアの長沢鼎の親族らも映像で参加した。
(記事全文は17日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)