拉致解決へ「今が正念場」都内で集会 東京

(2019/09/16 23:00)
拉致被害者家族らが開いた集会で紹介される市川健一さん(写真中央)=東京都千代田区
 北朝鮮による拉致被害者の家族会などは16日、国民大集会を都内で開いた。1978年に日置市吹上浜で拉致された市川修一さん=当時(23)=の兄健一さん(74)と、増元るみ子さん=同(24)=の弟照明さん(63)ら約千人が参加。拉致被害者の即時一括帰国と日朝首脳会談の実現を改めて求めた。
 出席した安倍晋三首相は2002年9月に北朝鮮が拉致を公式に認め、被害者5人が帰国して17年となることを踏まえ、「その後1人の帰国もないのは痛恨の極み。冷静な分析の上、あらゆるチャンスを逃さずに果断に挑戦する」と述べた。会に先立ち、被害者家族と面会した。
(記事全文は17日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)