長島町、VR使い空き家紹介 移住・定住促進へ新サービス 

(2019/09/20 20:00)
ゴーグルを着けVR画像を体験する関係者=長島町役場
 長島町は移住・定住促進施策の一環として、仮想現実(VR)画像を使った空き家紹介サービスを開始した。KDDI(au)、川商ハウス、長島未来企画との連携事業で、現地に行かなくても物件の外観や内部、立地状況などを上下、左右360度に展開する画像で確認できる。20日、町役場で発表した。
 問い合わせは同町地方創生統括監の土井さん=090(9849)7666
(記事全文は21日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)