東南アジアの留学生、魚食文化や市場機能学ぶ 鹿児島市

(2019/09/20 22:00)
鹿児島市中央卸売市場魚類市場を見学する東南アジアからの留学生=鹿児島市城南町
 鹿児島大学水産学部の大学院に短期留学している東南アジア5カ国の留学生14人が、鹿児島市中央卸売市場魚類市場(城南町)を見学し、衛生管理や魚のさばき方を学んだ。
 「市場機能や役割、母国とは異なる魚食文化を知ってほしい」と、市場関係者でつくる“いお・かごしま”魚食普及拡大推進協議会が初開催。
(記事全文は21日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)