高校生も堂々提言 さつま町で初の女性議会

(2019/10/08 20:00)
質問に立つ一日議員の薩摩中央高校生=さつま町議会議場
 女性町議のいないさつま町で、初めての女性議会が6日、町議会議場であった。傍聴席が埋まる中、高校生や女性グループの会員ら10~60代の一日議員7人が登壇。教育や交通など町政への疑問や要望を日高政勝町長(74)ら当局へぶつけた。
 薩摩中央高校の2年生2人は、新規起業や生徒確保への支援を求めた。枕辺愛純(あずみ)さん(16)は「国公立大学への進学者だけでなく、農業や福祉の専門学校などへ進む生徒にも助成を」と提案した。日高町長から「前向きに検討したい」との答弁を引き出し、「緊張したが、思いを伝えられてよかった」。選挙権を得る2年後は町長選・町議選があり「投票に行きたい」と話した。
(記事全文は9日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)