光で芋の品質選別 大隅加技研開発へ

(2019/10/11 06:30)
サツマイモに近赤外線を照射して品質を調べる機械の試験機=鹿屋市の県大隅加工技術研究センター
 鹿児島県大隅加工技術研究センター(鹿屋市)は10日、サツマイモの品質を生のまま裁断せずに調べる選別機の試験機を公開した。2019年度から民間企業と開発を手掛けている。近赤外線を照射し、吸収した光の波長などで分析する仕組み。22年度をめどに実用化する予定。
(記事全文は11日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)