桜島噴石模型 ドローンで投下 建物への衝撃調査

(2019/10/29 23:00)
桜島でドローンによる噴石模型投下実験をする京都大学防災研究所や日本気象協会の関係者=鹿児島市黒神町
 京都大学防災研究所と日本気象協会は29日、桜島で、小型無人機ドローンを使って噴石の模型を投下し、落下時の動きや衝撃力を調べる実験をした。大規模噴火時の噴石が建物に与える影響を検証し、安全な設計や避難計画作りに役立てる狙い。同様の実験は全国で初めて。
(記事全文は30日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)