「街結ぶ空中の家」設計、鹿児島県立短大生4人がコンペ最優秀賞

(2019/11/06 06:30)
住宅設計コンペで最高賞を受賞した鹿児島県立短大の4人。手前が模型やパネル=鹿児島市の鹿児島大学
 「鹿児島を楽しむための家」をテーマにした全国公募の住宅設計コンペで県立短大1年生4人の「街路住-鹿児島のふたつの街をむすぶ家」が最優秀賞を受賞した。鹿児島市の天文館と鹿児島中央駅をつなぐチューブ状の巨大構造物を造り、その中に空中住宅や街路樹を配置する壮大な計画が評価された。
 コンペは県住宅産業協会が初開催。全国の大学や専門学校から寄せられた28点のうち、1次審査を通った6組による公開最終審査が2日、鹿児島市の鹿児島大学であった。
(記事全文は6日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)