神舞勇壮、山川で息災祈る 指宿市の成川南方神社

(2019/11/06 22:00)
「二本刀」を奉納する大薗幸平さん=指宿市山川の成川保育園前庭
 指宿市山川の成川南方神社に伝わる神舞が3日夜、3年ぶりに奉納された。園児から50代まで約40人の舞い手が、世代を超えて引き継ぐ伝統の舞を披露し集落の息災を願った。
 江戸時代から続くとされる市指定無形民俗文化財。後継者不足で一時途絶えたが、1971年に復活してからは保存会(谷口博会長)が3年ごとに実施している。今年は約2カ月前から練習を重ね、本番では4時間半かけ14番を奉納した。
新築のおはらいや祈願で家々を回るグレ=指宿市山川成川
(記事全文は7日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)