鹿児島県内24町村のガイドブック作製、「写真映え」を意識

(2019/11/13 11:00)
 鹿児島県町村会は県内24町村の観光や特産品、移住情報を紹介するガイドブックを7000部作った。A4判、30ページ。鹿児島市の鹿児島中央駅、かごしま水族館などで無料配布する。
 「写真映え」を意識した中身で、各地の絶景ポイントや迫力ある祭りをアピール。特産品や町村の公式サイトにつながるQRコード、巻末には、移住相談窓口も掲載した。
(記事全文は13日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)