20万球のイルミネーション点灯 鹿児島市・アミュ広場

(2019/11/16 06:30)
平原綾香さんらを招いて開かれたイルミネーション点灯式=鹿児島市のアミュ広場
 鹿児島市のJR鹿児島中央駅前アミュ広場で11月15日、恒例のイルミネーションが始まった。カウントダウンに続いて高さ12メートルのシンボルタワーや天井に約20万球の光がともされると、広場は大きな歓声に包まれた。
 薩摩切子をモチーフにしたタワーは4年目。今年は「光を街へ」がテーマで、広場とアミュプラザ本館沿いに手まりを模した光るオブジェを配した。点灯式は地元の合唱団約100人と、鹿児島情報高校吹奏楽部がクリスマスソングを演奏した。ゲストに歌手平原綾香さんも登場し、代表曲「ジュピター」を披露して盛り上げた。
(記事全文は16日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)