枕崎で日本語講座開始 県モデル事業

(2019/11/18 13:00)
真剣な表情で日本語の問題を解く外国人の受講生=枕崎市松之尾町の南薩地域地場産業振興センター
 鹿児島県は17日、在住外国人を対象とした日本語講座のモデル事業を枕崎市で始めた。募集には定員30人を上回る約90人の技能実習生らから申し込みがあり、日本語習得に対する需要の高さがうかがえた。
(記事全文は18日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)