鹿児島県産シイタケ使用のかるかん誕生 サンロイヤルホテルで限定提供

(2019/11/19 11:00)
期間限定で提供されている「しいたけかるかん」=鹿児島市の鹿児島サンロイヤルホテル
 おかずにもなる新たな「かるかん」-。鹿児島市の鹿児島サンロイヤルホテルは、日置市の栄養士湯脇萌絵さん(22)が考案した「しいたけかるかん」を期間限定で提供している。ホテル関係者は「郷土菓子と地元産シイタケを合わせた発想がユニーク。かるかんのイメージを変える味わいで、多くの人に楽しんでもらえたら」と話している。
 だしやしょうゆで煮詰めたシイタケを生地に混ぜ込むとともに、具にも利用する。ホテル洋食部の浜田伸一総料理長(58)が審査員長を務める「森のごちそうコンクール」(県など主催)一般の部の最優秀賞に輝いたのがきっかけで、1階レストランのディナーバイキングで提供されることになった。30日まで。
「森のごちそうコンクール」で最優秀賞に輝いた「しいたけかるかん」(鹿児島県提供)
(記事全文は19日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)